読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nats-LOG

オペラ、クラシック、旅、ファッション、ラグビーと好きなことを気ままに書いてます

フジタの乳白色

日記

連休中日の昨日は、お天気も良くてお散歩日和。

午前中から行動開始。

 

本を読んでいたら、突然、フジタの乳白色を見たくなり、国立近代美術館に行ってきた。

常設展は430円という嬉しい価格。

学生時代は、シャガールカンディンスキー、フジタを見に、よく訪れた場所。

 

美術鑑賞はそこまで得意ではないけれど、本物を見るとやっぱり感じるものが違う。

今回のお目当のフジタの裸婦の肌の乳白色は、印刷物と本物とではやはり違う。

テクスチャー含め、そのものを見ると、その滑らかな色に美しいとしか言えなくなる。

 

カンディンスキーの全体はおもちゃ箱みたいで、見ていて楽しい。

カンディンスキーや絵は大好きで、またグッゲンハイムに行きたくなってしまった。

 

追加料金なくマルセル・ブロイヤーの家具が見れたのも嬉しかった。

昨年、ベルリンのバウハウス資料館で、デザインの変遷を楽しんで見てたのを思い出した。

近代の飾らない機能的だけどどこか洒落てるデザインは大好物。

椅子に座って、お面を被って写真を撮れるコーナーがあったけれど、おひとり様につき、写真は撮れず…

でも椅子に座って喜んでみたりした。

 

美術館を出たところで気付いた。

私、今回、シャガールを見ていない。

あったかな?あったら見逃すはずないんだけど…

どこかにお出かけしてたのかも?

 

ちょっと残念な思いを抱きつつも、お天気が良いので、北の丸公園を横切り九段下へ抜けた。

 

北の丸公園で春を発見。

f:id:nats2239:20170320210135j:image

都会のど真ん中でこんな景色に出会える。

こんな東京が大好き。

 

久しぶりに1人のんびりと外で過ごす休日も良いものである。

 

フジタを久しぶりに見たくなったきっかけはこの本。

 

順番間違えて始めに読んでしまったのがこちら。

 

トスカの接吻 オペラ・ミステリオーザ (講談社文庫)

トスカの接吻 オペラ・ミステリオーザ (講談社文庫)

 

 トスカを久しぶりに聴きたくなる作品だった。

ゴールデンウィークに聴きに行く予定なので、楽しみ!