読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nats-LOG

オペラ、クラシック、旅、ファッション、ラグビーと好きなことを気ままに書いてます

ジキル&ハイド

観劇
東京前楽のジキル&ハイドを見てきた。

このミュージカルを見るのは何年ぶりだろう。
石丸さんに代わってからは見ていなかったので、かなり前ですね。。。


キャストは実力派揃い。
どのシーンを切り取っても素晴らしい方々です。


石丸さん、相変わらずルックスも歌も良くて、さすがでした。
あれだけ朗々と歌われるので、見ていてとても気持ち良い。
2役やってるのと同じなので、相当大変なはずだけど、ジキルもハイドも一貫性があってとても良かった。
演技という面では、かつての鹿賀さんの狂気的なハイドの印象が強すぎるので、その2面性の変化はコンパクトにも感じたけれど、同情を誘うようなハイドでした。
恐怖というよりも、不器用なハイドが可哀想と思えるような。。。
鹿賀さんのときは全く可哀想とは思えなかったけど。


お目当ての濱田めぐみさんのルーシー。
めぐさんの歌声はどこか悲しげで、とてもとても良かったです。
出来ることならば、この方の声になりたい!と思うほど大好きなんだけど、ルーシーという人間が伝わってくる感じ。
本当は可愛らしい女の子なんだよね、ルーシーって。
経緯は分からないけれど、娼婦の世界で生きなければいけなくて、でも可愛らしい乙女な部分も忘れていない。
そんなルーシー像に辛くなったりしながら見てました。
カテコのめぐさんの笑顔、素敵だったー 。
いつも思うけれど、演じることの喜びが伝わってくる。
あー、これだけ舞台に自分を投じて、演じることに幸せを感じているのだな。。。と勝手に解釈してます。


ほか、笹本玲奈ちゃんは可憐で可愛いし、歌声も天使のようだった。
ただ、玲奈ちゃんは裏声で歌うと大人っぽくなってしまうので、この役の場合はちょっと違う歌い方の方がマッチするかな?と思ったり。


禅さんも相変わらずで、ついつい耳と目が奪われてしまうし、今井さんの優しいパパはジャンバルジャンを思い出すし、もう耳と目が幾つあっても足りません!!


出来ることならば、もっとコンパクトな会場で見たいなー。

ハッピーではないけれど、素敵なミュージカルなので、感性が大変満足した公演でした。

f:id:nats2239:20160320134342j:plain