読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nats-LOG

オペラ、クラシック、旅、ファッション、ラグビー、時々ジャニネタと好きなことを気ままに書いてます。

ワルキューレ MET2011

週末に見たオペラは、METで2011年に上演されたワルキューレ

ヨナス・カウフマンがジークムントということで、るんるんしながらライブビューイングに行ったのも、数年前なのか…

 

ワーグナー好き(ワグネリアンではない…と信じてる)、かつヨナスのジークムントなんて、DVDを買わないわけない!と買ったはいいものの、全く見ていなかったので、開封してみた。

ほら、ワーグナーって、さぁ聴くぞ!と気合を入れないと、全幕見れないじゃない?

 

さて、そんなで見て思ったこと。

やはりMETのワーグナーは違う。

何だろう、音は強いけれども、明るいんだよなー。

歌手陣とオケが分離してしまうところがあり、なんだか納得いかずだった。

ルパージュの演出もセットも衣装もすごく洒落込んでて楽しいのに、音が私の好きなワーグナーではないのよね。

ヨナスの暗めの声も、このオケとは合わない気がする。

 

演奏が悪い訳ではなく、こればかりは元々持っているオケの音色なわけで…まぁ仕方ない。

ただ、ヘビーなワーグナーもMETにかかれば、エンターテイメント性の高い、楽しい作品(ヨーロッパのオペラハウスと比較して)となる。

その一因が、このオケの音色なのかもしれない。

 

まぁ、この上演で1番のツボは、なんと言ってもステファニー・ブライズのフリッカ!!

あの存在感半端ない。歌も演技も恐妻すぎる。

あんな奥様だったら、ヴォータンじゃなくても完敗ですよ…

 

音色がうんたら言ってるが、やっぱり出来としては素晴らしい。

 

2011年からのリングは結局、DVDでワルキューレしか購入してないけれど、他も買おうかな。

f:id:nats2239:20170410170713j:image