読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nats-LOG

オペラ、クラシック、旅、ファッション、ラグビー、時々ジャニネタと好きなことを気ままに書いてます。

ワーグナーとマーラー

最近、仕事が恐ろしく忙しい。

年度末ということもあるが、他も色々重なり、もうどうしたもんか…という中、通勤時間(30分程度)と寝る前の少しの時間、音楽を聴いて楽しんでいる。

音楽を聴くことは日常的な非日常時間。

 

タイトルの通り、マイロシアブームは去り、ある意味私としては日常なワーグナーマーラーばかり聴いているんだけど、そんな話をレッスン時に師匠と門下生と会話してたら、ヘビーやね…と言われてしまった。

 

重厚なオーケストレーションが好きなだけなんだけど。

これがワーグナーブルックナーばかり聴いてるだったら、自分の精神状態に不安を感じるけれど、ワーグナーマーラーならすごくロマンチックじゃない?

と思うのは、私だけなのか…

 

まぁ、好きだから仕方ない。

今週はオペラを観るのをお休みして、大地の歌の告別を聴きまくっている。

聴き比べ楽しい!

けれど、ここで書けるほどまだ聴き込んでいない。

久しぶりに今夜はアナリーゼをしたりして、スコアを眺めながら曲を聴いてみてる。

 

3月も末に近づいているというのに、寒い雨の夜は、こんな過ごし方も悪くない。

 

 ここ最近の通勤ミュージック。

ペーター・ホフマンのワーグナーは私の中で基盤となってる。

彼のワーグナーばかり聴いてきたからかもしれないけれど、彼がジークフリートを歌うところが見たかった…

Richard Wagner

Richard Wagner