読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nats-LOG

オペラ、クラシック、旅、ファッション、ラグビー、時々ジャニネタと好きなことを気ままに書いてます。

プッチーニ「ラ・ボエーム」新国立劇場 2016.11.17

仕事をさくっと終えて、会社帰りに新国立劇場の「ラ・ボエーム」を見に行ってきました。

 

可憐なミミ、コケティッシュなムゼッタと見応えもありました。

ロドルフォの声も良くて、全体的にまとまっていて楽しかったです。

 

イタリアオペラをそこまで見ないので、大した感想は出てきませんが、やはりラストは涙がこぼれました。

悲壮感漂う音楽の中、「ミミ!!!」と叫ぶロドルフォに胸が痛みます。

 

ミミを演じたアウレリア・フローリアンさん、劇場に響きppがすごい。

響きと音の芯がしっかりされているので、きちんと届くのだろうな。

まだまだ勉強の足りない私は、響かせ方にうっとりしてしまいました。

 

どうでもいいけれど、ボエームを見ると毎回思うこと。

「私、ミミって言うの。皆からそう呼ばれているけれど、なぜだか分からないわ。ちなみに本名はルチアって言うのよ。」

と言っている中、なぜにロドルフォは「ミミ」と呼ぶのだろうか。

そこは「ルチア」だろう。

本人だってそ呼ばれたいに違いない。

そうでなければ、わざわざ本名告げないわ。

本当、ロドルフォって乙女心が分かってないな。。。

と毎度思うのですが、今回も見ながら心の中で突っ込んでいました。

 

ともあれ、仕事帰りにオペラ鑑賞ってなんて優雅なのでしょう。

気持ちはずどーんと落ちますが、良い音楽に身を包まれると幸せです。

オケも基本的にはとても良く鳴っていて、ドラマティックに仕上げていました。

でもやっぱりあれだね。イタリア物は歌が主軸だね。

音楽の渦を感じたいならやっぱりドイツ物だな。

 

 

指 揮:パオロ・アリヴァベーニ

ミミ
:アウレリア・フローリアン
ロドルフォ:
ジャンルーカ・テッラノーヴァ
マルチェッロ:
ファビオ・マリア・カピタヌッチ
ムゼッタ:
石橋栄実
ショナール:
森口賢二
コッリーネ:
松位 浩
ノア
鹿野由之
アルチンドロ:
晴 雅彦
パルピニョール:
寺田宗永
 
合唱指揮
:三澤洋史
合 唱:
新国立劇場合唱団
児童合唱
TOKYO FM少年合唱団
管弦楽
東京フィルハーモニー交響楽団