読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nats-LOG

オペラ、クラシック、旅、ファッション、ラグビー、時々ジャニネタと好きなことを気ままに書いてます。

社会人12年終了

早くも社会に出て12年が終了した。
12年間も社会人をしていることに驚く。
その間1度転職を経験したりもしたけれど、比較的きちんと社会人してると思う。

でも毎年、この時期になると思うことがある。
今の会社で働き続けるべきかどうかということ。
職種としては楽しめる業務なのだけれども、会社としてどうなのか。

正直、会社との相性は合うとは思えない。
そして会社からの評価も今ひとつ。

私ってそんなに出来ない?
という葛藤を感じるのもこの時期。
会社からの評価が思ったほどではないということは、会社にとって私って必要ないのかも?と思うとモチベーションも上がらない。
でもそんなことを考えても何も変わらないので、スタンスとしては会社は生きるためのツールであり、楽しむためのツールであると割り切って、仕事以外を楽しむことを考えるようになった。

そう思いながらも、結果を残しても評価されないことへの悔しさを感じるだけ、まだ私にも擦れてない部分もあるわけで…

どれだけ自分自身に対して過大評価なのだろう?と思わなくもないが、自負できる業務は多々ある。
だからこそ、悔しさも募るし、やる気のなさも増す。

文句を言うなら辞めればいい。

そういう思いもあるから、基本的には会社や仕事に対する文句は口にしないようにして、こういう場でブツクサ言って発散させてるけど、なんとなく限界を感じている。
定性的評価でなく、定量的評価をされたい。
そう思えば思うほど、やっぱりこの会社にいるべきではないのかもとも思ってしまうこの頃。

でも辞める勇気もなければ、このまま辞めるのもシャクに触る。

こんな打開策の見出せない日々。

会社に多くを求めなければ、難なくやっていけるのに。

1日の大半を占めることだからこそ、モチベーション高く仕事が出来たらいいけれど。そしてモチベーションは自分次第なのに。

でもこのままだと本当に仕事=金としかならなくなってしまうので、自分なりに考えた。

勉強しよう。
資格を取ろう。

これほどの資格が取れる=私って出来るコなのよ!と会社にアピールするんだ!

仕事に直結はしないけれど、業界最高の資格を取って、業界のプロになろう。

かなり難関の資格にチャレンジする。
そして試験に合格する。

それを目標にすれば、今の会社でもプライドだけは保てると思った。

プライドのために時間をかけて資格試験に合格することになんて何の意味もない。
それはよく分かっている。

でも、そんな意味のないことでも、目に見える結果としては一つの指標になるし、パワーになる。

だから頑張ろう。
それが評価されなくても構わない。
自分の心を保つためのプライドだから。

ということで、40歳まで資格取得のために頑張ってみる。
きっと今が勉強するチャンスなんだよね。
私が私らしく、周囲の評価に流されずに生きていくための手段なんだろうな。

社会人13年目、自分にとっての仕事の在り方を考えながら、業務に勤しみたいと思う。