nats-LOG

オペラ、クラシック、旅、ファッション、ラグビー、時々ジャニネタと好きなことを気ままに書いてます。

ワーグナー「ジークフリート」 新国立劇場 2017.6.4

f:id:nats2239:20170604235713j:image

新国でリングのジークフリートを見てきた。
今回のオケは東響。
ボリュームある演奏にまず満足した。
ワーグナーはこれでもかってくらい、音に追われたいから、やはりボリュームは重要。

歌手陣も重量感たっぷり。
オケの分厚い壁を超えて響く歌は圧巻だった。

うねるようなワーグナーサウンド。
これが聴けただけでも嬉しい。

飯守さんとは相性が合わないので、曲として聴いた時にはうーんなんだが(あくまでも個人的)。

グールドさんのジークフリートは、全然若者に見えない大御所感たっぷりなんだけど、あれだけの曲を歌い切るのはさすが。
重そうでも文句言えない。
すごいスタミナ。

ただ1幕3場はセットのせいかなー、声が届いてこなくて勿体無かった。
どうしても篭ってしまうんだよね。

あと4階だったからか、バリトンがイマイチ届いてこない。
美味いんだよ。
すっごく声もいいんだよ。
だけど、声が迫ってこないのは、劇場の響きの問題なのか、歌手の歌い方なのか…

演出に関しては、許容範囲がとても広いので(あまりこだわりがないと言った方が正しいかも)、特筆すべきことは、個人的にはない。

ほら、リングはモチーフでシーンが容易に想像できるから、音さえしっかり届けば、セットなくても絵になるんだよ。

私は音重視なので、極論言えば見えなくても良い。
あっ、極論過ぎたかも。
見えなかったら寂しいわ…
でも、本当にワーグナーってすごいなと思うのは、音だけで全てのシーンをイメージさせてくれる。
だから、セットや衣装がショボくても、私はかなり満足できるのだ。
ライトモチーフ、もっとお勉強したいわ。
もっともっとリングの世界が広がるはずだから。

日本のオケでもワーグナーの音を感じることができるのね。
次回の読響も楽しみ。

それにしても東響、管ももちろん頑張ってたけど、弦が色彩豊かで素敵だった。
爆音鳴らしつつも、大きく荒れないし、薄く張るような音なんて、息できなかったわ。

ワーグナーは聴いた後の満足度が非常に高い。
私は今日、いくつの音を聴いたんだろう?とスコアで音符を数えたくなる(いや、ならない)ような音の洪水。
ありがたや。

 

幕間にミーメ飯、いただきました。

鍛冶屋の歌というハッシュドビーフ。

600円は劇場にしては有難い!

でもサイズもミーメサイズ…

小腹満たしにちょうど良いかな。

ちなみに毒は…入ってないはずww

f:id:nats2239:20170604235838j:image


【指揮】飯守泰次郎
【演出】ゲッツ・フリードリヒ

ジークフリート】ステファン・グールド
【ミーメ】アンドレアス・コンラッド
【さすらい人】グリア・グリムスレイ
【アルベリヒ】トーマス・ガゼリ
ファフナークリスティアン・ヒュープナー
【エルダ】クリスタ・マイヤー
ブリュンヒルデ】リカルダ・メルベート
【森の小鳥】鵜木絵里、九嶋香奈枝、安井陽子、吉原圭子

管弦楽】東京交響楽団

咲き乱れすぎローズガーデン

休日は基本、午前中はダラダラしたい。

むしろ寝ていたい。

 

そんな私だが、今日は朝6時に起きて京成バラ園まで行ってきた。

アクセスとしては悪くないんだけど、遠いのよね…

 

今年は古河庭園に行きそびれてしまったので、何年ぶりかの京成。

1時間以上かけて、午前中早い時間から行動した。

 

しかし、咲き乱れすぎていた。

先週くらいか1番綺麗だったかも。

 

f:id:nats2239:20170528210620j:image

ベルばらコラボー。

テンション上がるーー!!

 

ベルばらコラボのバラが数年前に開発されたのだが、ちょっと時期が遅かったかも。

 

f:id:nats2239:20170528210811j:image

こちらオスカル フランソワ。

オスカルの凜とした雰囲気が出てる!!

このバラ好き。

 

f:id:nats2239:20170528210900j:image

王妃アントワネット。

王妃の気品とマリーの可愛らしさが表現されている。

 

f:id:nats2239:20170528211000j:image

うーん、蕾もあるけど結構咲き切ってしまっていた、タイトル、ベルサイユのばら

 

他にもアンドレ、フェルゼン、ロザリーがあった。

 

忘れてはいけないのは、これ!

f:id:nats2239:20170528211213j:image

マリア・カラス

ご本人のような華やかさ。

このピンク、大好き。

 

 f:id:nats2239:20170528210510j:image

f:id:nats2239:20170528210516j:image

他に撮った写真をまとめると、何となく可愛い。

 

たまには休日の早起きも良いかも。

ワーグナー「ラインの黄金」日フィル 東京文化会館

2017.5.27

会社帰りにサクッと上野へ。

日フィルのラインの黄金を聴きにね。

今回はコンサート形式だったので、セットがなかったが、お衣装と照明でしっかりオペラしてた。

セミステージな舞台だったので、ただ音を聴くだけでなく、視覚的にも楽しめた。

照明だけでも十分世界観は出せるし、下手に映像使うよりも、品が良くて大変好感が持てる演出。

 

オケは久しぶりの日フィル。

シーンにより、音色がガラリと変わり、音楽による演出効果を発揮していた。

音色の変化がすごく楽しめて、やるなと思った。

 

ただ音的には軽くはないけれど、厚み深みに欠けるのは致し方ないのかな。

日本のオケは音の美しさは出せるんだけど、どうしても厚みが出ないのよね。

ブーしたくなるところ(特に冒頭)もあったしね。

 

歌手陣も平均して良かった。

コンサート形式の最大のメリット、オケの壁が前にないし、反響版の助けもある。

音のバランスとして、ストレスなく聴けたことが良かったと思う。

 

コンサート価格だったことも有難い。

なかなかこの価格でオペラを楽しめることは、日本ではないからね。

すごくコストパフォーマンスが良くて、お得な気分になった。

 

コンサート形式も悪くないと思った。

毎度思うんだけど、どこかのオケさん、ぜひリエンツィやって!

 

歌手陣に触れると、アルベリヒのファイフェさんが素晴らしかった。

歌、演技とさすがで、これだけでもチケ代の元が取れてしまうと思う。

 

そしてこの日の代役、ローゲ役の西村さん。

ローゲは物語の進行で重要なパートだと思うんだけど、飽きさせずにストーリーを進めていた。

何より演技が良かった。

きちんと魅せてくれる演技は日本人ぽくなくて、ついつい見入ってしまった。

声はワーグナーに合う声ではないと思うんだけど、良いテノールだなと。

 

また、ミーメの与儀さんも歌、演技ともに良かった。

姑息なミーメの雰囲気を十分に醸し出していた。

 

それにしても2時間半、ノンストップはすごい集中力がいる。

音の切れ目なく進むから、もうどこで息をしたら分からなくなったわ。

終わった後の疲労感が半端なかった。

 

 

指揮:ピエタリ・インキネン[首席指揮者]
ヴォータン:ユッカ・ラジライネン
フリッカ:リリ・パーシキヴィ
ローゲ:西村 悟
アルベリヒ:ワーウィック・ファイフェ
フライア:安藤赴美子
ドンナー:畠山 茂
フロー:片寄純也
エルダ:池田香織
ヴォークリンデ:林 正子
ヴェルクンデ:平井香織
フロスヒルデ:清水華澄
ミーメ:与儀 巧
ファーゾルト:斉木健詞
ファフナー山下浩

演出:佐藤美晴
照明:望月太介(A.S.G)
衣装スタイリング:臼井梨恵

ランチだけどブランチ @ CRISTA

すっかり夏日和の本日は、友人とCRISTAに行ってきた。

CRISTA

食べログCRISTA

もともとあったbeaconがリノベーションされて、CRISTAとなったが、CRISTAになってからは初の訪問。

 

全体的にウッディはインテリアにグリーンや都会的な照明が効いた店内。

都会の山小屋をイメージしたそう。

客席も広々としており、隣との距離も良い。

のんびり寛げるオトナな空間だった。

 

休日はブランチメニューがいただける。

しかも、このweekend brunchは16時まで対応しているっていうから、ブランチどころかランチも通り越した時間まで楽しめる。

ゆっくりめのランチで集合し、ブランチメニューを堪能してきた。

f:id:nats2239:20170521013115j:image

まずはブランチに付いてくるフルーツボウル。

みかんもメロンもすごく甘くて美味しい。

食欲に刺激を与えるような、ちょっとしたフルーツが初めに出てくるって嬉しい。

 

別で注文したドリンクはフルーツソーダ。

友人はルバーブ&シトラス、私はパクチーライム。

パクチーの香りと爽やかなライムは、夏にぴったりかも。

パクチー好きにはオススメ!

 

f:id:nats2239:20170521014303j:image

お食事はスモークサーモンのオープンサンド。

野菜に隠れてポーチドエッグもいる。

ソーセージは、ベーコン、ポルトガルソーセージも選べる。

たっぷりのポテトも嬉しい。

ライ麦パンにたっぷりと乗ったスモークサーモンとアボガド、見かけ以上に食べるとボリュームがある。

ホースラディッシュがアクセントとなり、美味しいものをいただいてるなーと実感しながら平らげらてしまった。

 

f:id:nats2239:20170521014707j:image

友人は本日のオムレツ。

本来はポテトがつくけれど、グリーンサラダに変更してもらっていた。

オムレツは具材たっぷり。 

トロッとしたオムレツではなく、ふんわりとしながらも食べ応えのある、そんなオムレツだった。

 

食後はコーヒーが付くけれど、デザートは別腹。

お腹は満足していたが、折角だからデザートも注文しちゃう。

f:id:nats2239:20170521014954j:image

チョコレートケーキにしてみた。

小麦粉不使用のこちらのデザートは、チョコレートケーキというよりも、チョコレートをいただいてる感じで、ずっしり重く、量も十分。

濃厚なチョコレートケーキは好き。

コーヒーを飲むときに、少しだけ欲しいので、こちらのケーキ、小さなポーションで注文できたら尚嬉しいなーと思ったり。

 

友人は苺のコンポートが付いたカスタードムース。

こちらもボリュームありだった。

それを見越して、ポテトをサラダに代えていたようだ。さすが!

 

 

ラグビー友達なので、会話は2019年のW杯。

イングランド大会も彼女と見に行ったので、2019年も一緒に見れる試合があるといいな。

我らが見るカードは、自ずと一択。

チケット発売までドキドキだ。

 

今日のブランチは約5000円。

ブランチにしてはお高いけれど、落ち着いた都会的空間で気持ち良いサービスを受けて、美味しく楽しく過ごせる時間はプライスレスだ。

毎回は無理でもたまにはこんな贅沢なブランチも良い。

次は観戦前にブランチできるといいな。

 

 

 

秋に向けて旅仕度

GWの旅から帰ってきて1週間しか経っていないのだが、次のバケーションの予定を着々と立てている。

今年は夏にお休みを取るのが難しそうなので、11月の初めに1週間程度の休暇を取る予定。

 

11月になれば、ヨーロッパはオペラやクラシック音楽がシーズン中だから選びたい放題!

またこの時期って、ラグビーも南半球勢がヨーロッパ遠征してるので、ラグビー観戦もベストなシーズンなのです。

 

しかし、今年はドイツ中心に回りたい気分だったので、ラグビーはパスして、音楽中心の旅にしようと考えている。

ベルリンフィルのプログラムも出たので、本格的に各地のチケットを確保しだしいる。

 

6泊中、うまくチケットが取れる前提で5公演、オペラやらクラシック音楽やらを詰め込む予定です。

 

個人的に絶対だったのは、ドレスデンのゼンパーオーパーでの神々の黄昏とベルリンドイツオペラでのローエングリン

気分がどうしてもドイツでワーグナーだったのだ。

 

色々と考えるとベルリン→ドレスデンプラハ→ウィーン→ベルリンというスケジュールが濃厚になってきた。

 

あぁ、楽しみすぎて働く意欲満載!!

しかし、目眩ぐるぐるにつき、明日は余りに余ってる有休消化をしますw

 

旅から帰った直後は、次の旅の準備に俄然やる気が出るので、今のうちにサクッと決めていこうと思ってる。

ただ、航空券がね、まだ良さげなのが出てこないので、もう少し値段が下がってくるのを待とうと思う。

baobaoのショルダーバッグ

今回の旅は羽田発だったので、baobaoはないなーと思ったら、ポップアップショップが出来てました。

 

しかも欲しかったショルダーバッグを発見!!

 

チェーンではなく、紐になってるショルダーバッグが欲しかったの。

だって、チェーンだと重くなると痛いもんね。

 

紐の長さの調節ができるので、ギリギリまで短くしたらクラッチっぽく持てる。

なので、海外オペラ鑑賞でも使うことを考えて、シルバーを購入。

白も可愛かったの。

でもちょっとカジュアルになってしまうのよね…

次に白を見つけたら買ってしまうかも。

 

一緒に行ったねーさんは白を購入。

2人でルンルンしながら、旅先からで使った!

 

偶然にも同じヘッドホンと合わせて並べて撮ったら可愛いかったー。

baobaoは軽いし、モードっぽくて可愛いし、愛用バッグだわ♡

f:id:nats2239:20170512221339j:image

プッチーニ「トスカ」 ウィーン国立歌劇場 2017.5.5

f:id:nats2239:20170512011128j:image

ゴールデンウィークの渡欧の一番の目的である、ウィーンでヨナス・カウフマンの星ピカを聴く。
チケットなんてもちろん取れなかった。
でもウィーンシュターツは立ち見という手がある。(しかも500席以上)
ということで、13:30過ぎから並び、無事に公演を見ることができた。

私の前には50人程度いたので、パルテッレのチケットは余っていたものの、だいぶ後ろになってしまうと思い、バルコンにした。
バルコンでは4人目。入って左右に分かれたので、立ち見一列目のセンターよりから2席目というベストポジションからの鑑賞となった。

ヨナスには2008年のザルツブルクからずっと振られ続けている。
振られた経緯を書くと悲しくなるので、ここは割愛。
よって9年分の想いで彼の歌を聴くことができた。
それだけで感無量。

 

f:id:nats2239:20170512011238j:image

f:id:nats2239:20170512011257j:image

(劇場HPよりお借りしましたー!)


ヨナスの声はやっぱり好み。
緩急ある演技も素敵。
しかし髪型は。。。もう少し長い方が好みだわ。
でも、ヨナスが舞台にいると、ほわ~っと目がハートになって聴いてしまう。
星ぴかはもう涙なくして聴けなかったもの。
本当に悲劇の合う声で、要は明るくない。
そこが好みなのだが、ピアノで歌ってもオペラ座に響く確かなテクニックとピッチも良い。
月並みの表現だけど、本当にうまい。
いわゆるテノール声ではないので、逆に得意でない人もいるだろうけれど、元来バリトン好きの私としては、珍しくハマったテノールなのだ。
ドラマティックな声で演じるカラヴァドッシは本当に素敵だった。
1幕のトスカとのイチャイチャは可愛いし、3幕の死を目前にした女々しい雰囲気とか愛おしいし、チケットなくてもウィーンまで来て良かった。

星ピカの後はもちろん拍手は鳴り止まず。

あんなに悲しいシーンなのに鳴り止まない拍手とBravoに困って苦笑いからのニコニコなヨナス。

最後は指揮者に合図を出して先に進めて貰ってた。

ちょっとアンコールあるかな?と期待しちゃったけど、聴けただけで充分。

この曲を聴くために来たのだから、目的は達成。

ちなみに5/8はアンコールしてましたね。


当たり前なんだけど、歌だけでなく演技も良いとオペラが本当に楽しめる。
そしてイケメン!最高すぎる。
感じることがありすぎて、もう言葉にならない。
そんなヨナス様のお声、初現場でした。

 

ヒロインのアンジェラ・ゲオルギュー
美しすぎる姿にうっとり。
女王気質ではなく、姫気質なのか、とにかくかわいいんですよ、この方。
アンジェラ姫(あえてこう呼ばせていただく)の歌声とかは特に好みではないんだけれども、あまりのルックスの美しさにもう歌とかどうでも良いと思ってしまうくらい。
美貌ばかり取り沙汰されているけれど、本当に半端なく美人なのです。
でもアンジェラ姫のトスカは、そこにトスカが生きていた。
やはりトスカは美しくなくてはダメだと思うし、歌だって実際に聴くと悪くなんて全然ない。
私、トスカって女が頭悪くて大嫌いなんだけど、アンジェラ姫のトスカは憎めない可愛さと気品があって、拒絶反応を起こさなかったわ。
アンジェラ姫の演技がすごく心に迫るものがあり、このトスカが見れて良かった。

 

新国立で聴いたことのあるヴラトーニャ。
さすがのイタリア人、発音が綺麗。やはり母国語の方が歌うのってどこか違うんだよね。
出来ればもう少し迫力がほしいところだけれども、終始安定したスカルピア。
力技で暴力的なスカルピアではなく、いやーな感じの陰湿なスカルピア。
スカルピアはうんと悪い人でいて欲しいから、陰湿なスカルピア、じわじわくるわ。
そして、やっぱり私はバリトンが好きだ。
1幕ラストとか大好きですもの。


そんなこんなで3ユーロで大変良い時間を過ごして来ました。
終演後、友人と合流してザッハーで定番ザッハートルテを食べての帰り道、楽屋口にアンジェラ姫がいらしたので、サインと写真をお願いしました。
ほぼファンが払った後だったので、結構ゆっくり出来て、どこから来たの~?とか気さくに話しかけてくれて、本当に可愛い人だった。
なんだろう、すごい神対応だったので、アンジェラ姫に興味深々になった。
なんて素敵な人だろう。。。そして美しかった。

アンジェラ姫、ありがとう!

f:id:nats2239:20170512123422j:image

 

Dirigent: Eivind Gullberg Jensen
Regie: Margarethe Wallmann
Ausstattung: Nicola Benois

Floria Tosca: Angela Gheorghiu
Mario Cavaradossi: Jonas Kaufmann
Baron Scarpia: Marco Vratogna
Cesare Angelotti: Clemens Unterreiner
Mesner: Paolo Rumetz
Spoletta: Wolfram Igor Derntl
Sciarrone: Mihail Dogotari
Schlieser: Ayk Martirossian